スポーツによるケガ

高崎市 接骨院

  • 試合中に足を捻挫をしてしまった!
  • 相手選手と接触して もも を打撲した!
  • ジャンプの着地に失敗して膝を捻挫した!
  • スタートダッシュで肉離れをした!
  • 捻挫をしているがなんとか試合に出たい!

スポーツ外傷とは?

スポーツ活動の際、人や物への衝突や転倒など、一度に急激な力が加わることで起こる組織の損傷をいいます。骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)など。

当院では、様々なスポーツによるケガに対応しております。

皆様がケガをした時に大切なことが理解できるように、しっかりとケガのアドバイスを行っています。

ケガを甘く見ないで正しく回復させることで、スポーツ復帰・パフォーマンスが変わります。

日々のパフォーマンス向上、ケガの早期回復しっかりサポートいたします。

スポーツ外傷の種類!

骨折

骨折とは、外からの力が加わることによって骨が完全あるいは部分的に連続性を失った状態を指します。

捻挫で固定して松葉杖を使っている様子のイラスト≪代表的な骨折≫

  • コーレス骨折(橈骨遠位端部骨折)
  • ボクサー骨折
  • マレットフィンガー骨折

※接骨院では、骨折の応急処置を行うことができます。その後、骨折の後療(リハビリ)をご希望の方は、整形外科の同意が必要になりますので、その際は、整形外科の紹介をいたします。

脱臼

脱臼とは、関節を構成する関節頭と関節窩の関節面が、正常な可動域を超えて外れてしまい、接続状態を失うことをいう。

その程度によって、完全脱臼と不完全脱臼、原因によって外傷性脱臼・先天性脱臼・病的脱臼などに分けられる。

転倒してケガをしている様子のイラスト≪代表的な脱臼≫

  • 肩関節前方脱臼
  • 肘関節後方脱臼
  • 顎関節前方脱臼

※接骨院では、脱臼の応急処置を行うことができます。その後、骨折の後療(リハビリ)をご希望の方は、整形外科の同意が必要になりますので、その際は、整形外科の紹介をいたします。

捻挫

捻挫とは、外力がかかることにより、関節を支えている靭帯や関節包などの軟部組織・軟骨が損傷することをいいます。

損傷の多くは、靭帯のゆるみや一部の断裂であり、レントゲンでうつる関節の骨折・脱臼は含まれません。

陸上で走っている最中に捻挫をした様子のイラスト≪代表的な捻挫≫

  • 足関節捻挫
  • 突き指

打撲

打撲とは、なんらかの衝撃によって身体の一部におこる損傷のことです。

皮膚やその下の軟部組織(筋・脂肪・血管など)が損傷を受けるため、筋肉組織のあいだに出血や炎症がおこります。

打ち身」呼称されることもあります。

サッカーで膝を捻挫した様子のイラスト≪代表的な打撲≫

  • 大腿部(太もも)打撲

挫傷(肉離れ)

挫傷とは、鈍的な外力により、皮下組織や筋肉・腱などに損傷を生じるものです。

そのうち筋肉に損傷を受けたものを筋挫傷と呼びます。

さらにその外力が高度な場合には骨の損傷や骨折を合併することもあります。

スポーツで捻挫をした様子のイラスト≪代表的な挫傷≫

  • 肉離れ(腓腹筋・ヒラメ筋・ハムストリングス)

スポーツ外傷の応急処置!

【基本RICE処置】

捻挫などのRICE処置についてのイラスト

※RICE処置の他にProtect(固定)やOptimalrolling(適度な負荷)
 が大切です。

高崎市のただき接骨院の捻挫固定をしている写真

ケガをした後のアフターケアが大切!

スポーツコンディショニング

固定や安静によりスポーツを休んでいて、いきなり全力復帰をするとケガの局部はもちろん、局部以外のところにも負担がかかり、結果スポーツ復帰が遅くなります。

ケガが慢性化すればパフォーマンスの低下にもなってしまいます。

そうならないために、ケガのアフターケアーであるスポーツコンディショニングを行っておりますので、ぜひご相談ください!

スポーツコンデショニングこのような方にオッススメです!大会前のコンディションを上げたい、体の調整のアドバイスをして欲しい、怪我の予防をしておきたい

楽トレ(インナーマッスル強化)

ケガにより一時的に低下してしまった筋力を、負担なく、かつ効率良く回復させるために必要なメニューです。

パフォーマンスを元に戻したい方、向上した方は、楽トレをお試しください!

インナーマッスルを鍛えるとダイエットスポーツ高齢者アイチエイジング、男性にもオススメ!スタイルアップ!スポーツ選手に!パフォーマンスUP、健康が気になる方に!膝痛予防・筋力アップ!小顔効果も有り!美人力アップ!