ぎっくり腰

ぎっくり腰になってしまった男性のイラスト

  • ぎっくり腰で急に動けなくなった
  • 痛みが癖になっていて何回も繰り返している
  • 朝起き上がる時に立ち上がることができない
  • ベッドで寝返りをしようとしたができず、起き上がることができなかった
  • ぎっくり腰で仕事を休み日常生活が不安

ギックリ腰がクセになっていませんか?

こんなときにぎっくり腰は起こりやすい!重い物を持った時・くしゃみをした時・前かがみになった時・スポーツをした時

 

予約優先制!お気軽にお問い合わせください!

LINE@でのお問い合わせ方法

お問い合わせはこちら

『ぎっくり腰』はなぜ起こるのか?

突然のギックリ腰の原因は日常生活にあります!

ぎっくり腰の原因は「仙腸関節」にあった!

腰が痛くて苦しんでいる男性のイラスト原因は様々ですが、多くの人にに骨盤の「仙腸関節」の問題がみられました。

仙腸関節は骨盤の蝶番であり、上半身の重みを支えている土台となっている場所です。

この仙腸関節が、日常生活の急な負担によって動きが悪くなり、突然の痛みを引き起こすのが、ぎっくり腰なのです。

  • 違和感からはじまることもある。
  • 急に動けなくなる。
  • 朝ベッドから起き上がれなくなる。
  • 寝返りができなかくなる。
  • 立ち上げれなくなる。

上記のように、日常生活が思うようにいかなくなるのが特徴です。

このような方へ

ぎっくり腰は放っておくと、どうなる?

  • 痛みのほかに、シビレが出てくる。
  • 何度も繰り返しているうちに、癖になる可能性がある。
  • 整体を行っても、痛みが解消するのに時間がかかるようになってしまう。
  • ヘルニアや坐骨神経痛のような重い状態になる可能性がある。

ぎっくり腰を繰り返す原因とは?

  • インナーマッスル強化が必要

    インナーマッスルのイラスト

    ぎっくりを繰り返してしまう原因に、筋肉の低下があります。
    運動不足体重増加によって、骨格・骨盤を支えている筋肉に負担がかかり、体の歪みや姿勢の崩れにより引き起こします。
    痛みがある状態で生活をしていると、筋肉にはさらに負担がかかり、筋肉は細く弱くなり骨格・骨盤を支えられなくなることで、痛みを繰り返してしまうのです。
    骨格・骨盤を支えている筋肉を鍛えることができれば、ぎっくり腰を繰り返さないのです。
    筋肉と言っても大切なのはインナーマッスルです。
    痛みを繰り返さなきためには、このインナーマッスルを強化することが大切な考え方です。
    しかし、インナーマッスルを自分で鍛えることはとても大変だと言われています。
    当接骨院では、コアレというメニューを使って、短期間で効率よくインナーマッスルを強化することができます。
    誰でも簡単に、寝ているだけで鍛えることが可能ですので、ぎっくり腰を繰り返してしまっている人はお試しください。

    コアレ(EMS)
  • 姿勢(猫背)を根本から解消しましょう

    ぎっくり腰の原因と考えられる仙腸関節は、骨盤の一部です。
    骨盤全体が歪み背骨が曲がって猫背になると、自然と姿勢が悪くなり腰の負担が倍増します。
    ですので、骨盤や背骨などの骨格を見直して、悪い姿勢を解消しましょう。
    身体のバランスがよくなると、自然に良い姿勢がインプットされて、腰への負担が軽減され、ぎっくり腰を繰り返さないのです。

ぎっくり腰の整体とは?

お体の痛み・不調で悩んでいるあなたへ

ぎっくり腰になってしまった際、痛みが強いため様々な日常生活の動きができなくなります。

そのツライ状態を放置するのではなく、早期に適切な処置をすることで、圧倒的に回復が早まります。

当接骨院へお越しの方から「こんなことなら早く来ていればよかった」と、喜びの声を多数いただきます。

当接骨院は、ぎっくり腰の初期に適切な処置を施すことができる独自の整体技術があり、大変好評いただいております。

お困りの方はご相談ください!

なぜ、ぎっくり腰がこんなに回復するのか?

施術写真

当接骨院では、独自の整体「全身矯正×筋肉調整×AKA整体」により、ぎっくり腰の原因とも言われている仙腸関節の問題を、直接的に矯正することができるからです。

初期は痛みが強いため、冷シップや安静で対処され、「身体はいじらない方が良い」と言われてしまう傾向があります。

この施術法の特徴は、痛みの強い初期から施術をすることが可能です。

これにより早期に回復が見込めますので、日常生活により早く復帰することが期待できます。

しかし、初期症状は痛みが強いことが多いので、無理な施術はせず負担がかからないように最小限の力で施術を行うように心がけています。

「痛くて動けない」「このまま痛みがよくならなかったらどうしよう」と不安な方は、放置せずに早めにご相談ください!