脊柱管狭窄

脊柱管狭窄で歩けない高齢者のイラスト

  • 病院・整形外科で脊柱管狭窄と言われた
  • 手術しないでなんとかしたい
  • 脊柱管狭窄で長く歩けない
  • 脊柱管狭窄で薬や注射の対処しかしていない
  • 脊柱管狭窄で最近痺れが強くなってきた

脊柱管狭窄とは?

脊柱管狭窄を説明したイラスト脊柱管狭窄とは、脊髄が納まっている「脊柱管」の一部が通常よりも狭くなり、神経・血管などが圧迫されることによって起こる状態のことを言います。

加齢に伴う変化として発生することが多く、長く歩くと足が疲れ休み休みでないと歩けない(間欠性破行)、足がしびれるなどといった状態が現れます。

脊柱管狭窄は、硬膜嚢の周囲にある靭帯の肥厚や椎間板の突出によって硬膜嚢が狭くなり、神経が圧迫されることで起こります。

脊柱管狭窄のなかでもっとも多い、腰部脊柱管狭窄は、馬尾神経や神経に伴走する血管が圧迫されます。

神経や血管が圧迫されることが原因で発生するため、前傾姿勢で少しでも圧迫を解除し、状態を和らげるようになります。

杖やシルバーカーで状態が緩和しますが、コルセットや薬を併用しながら生活する場合もあります。

また、状態が悪化すれば手術適用のケースもありますので、そうならないためのリハビリが大切になってきます。

脊柱管狭窄の方の為に適切なアドバイスと施術を行い、手術しないで回復できる身体作りをサポートしております。

ぜひ一度ご相談ください。

脊柱管狭窄の原因

脊柱管狭窄の多くは、加齢が原因です。

椎体と椎体の間の椎間板が、加齢とともに水分量が少なくなって弾性力を失い、後部に飛び出し変性していきます。

また、椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなることで、背骨が不安定になります。

これにより過剰なストレスを受けた靭帯は分厚くなり、脊柱管が狭くなり狭窄症が発生します。

脊柱管狭窄の発生は、日常生活で腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります。

交通事故や骨粗鬆症、喫煙、運動不足、圧迫骨折なども要因の一つです。

脊柱管狭窄の状態

脊柱管狭窄で起こる間欠性跛行を説明したイラスト神経の圧迫具合によって状態は異なりますが、馬尾神経が圧迫され、間欠性跛行と呼ばれる脊柱化狭窄のタイプが代表例です。

間欠性破行とは、一定の距離を歩くと足にしびれやいたみが出現し、休むことで再び歩けるようになることを言います。

休憩を挟めば歩ける状態もあれば、重症の場合はほとんど歩けないこともあります。

また下肢のしびれといたみを自覚するタイプの脊柱管狭窄もあり、片足のしびれから始まり、徐々に両足にしびれが広がる経過をたどります。

脊柱管狭窄では排尿障害をきたすこともあります。

脊柱管狭窄の施術!

一般的には薬物療法など保存療法が中心となります。

保存療法では、薬やコルセットなどの装具、神経ブロックや運動療法などの手段を行います。

保存療法で回復せず日常動作に支障をきたす状態では手術が検討されます。

しかし、脊柱管狭窄は高齢者が多いことから、合併症や再発のリスク、手術の負担を考えると難しい選択に迫られる場合が多いです。

脊柱管狭窄の施術!

病院や整形外科で脊柱管狭窄と診断され、諦めていた方から「脊柱管狭窄は手術をうけるしかないと思っていました」というお声を聞いていました。

大半の方は、過去に病院や整形外科に通われていましたが、薬や注射、コルセットなどが中心で、悪化したら手術と言われた経験がある方が多いのが現状です。

しかし「手術をしたくない」というのが本音で、「手術をせずになんとかしたい!」と考えている人の方が多いかと思います。

そこで、脊柱管狭窄の施術とリハビリを根本的に行ってきます。

「施術を受けてこんなに楽になるのであれば、もっと早く来ればよかった!」と喜びの声をいただきます。

なぜ、当院の施術を受け脊柱管狭窄が回復したのでしょうか?

脊柱管狭窄で変形した骨を元に戻すことはできません。

しかし、変形した腰椎への負担を軽減することや、神経への血流が良くなるようにアプローチすることはできます。

骨盤の歪みを表したイラスト腰椎への負担を減らすということは、土台である骨盤や背骨全体のバランス・動きを調整することです。

脊柱管狭窄が起きている部分だけ着目するのではなく、それに関わっている周囲から整え根本的に調整していくことが、回復に繋がります。

病院や整形外科で薬や注射だけで、状態が変化がない方は、ぜひ一度施術を受けてみてください。

脊柱管狭窄を施術してこんなに良いことが!

  • 長時間歩けるようになった!
  • いたみ・痺れが以前より楽になった!
  • 前傾姿勢を取らなくなった!
  • 手術をする心配がなくなって気持ちが楽になった!
  • 薬た注射、コルセットがいらなくなった!

脊柱管狭窄でお困りなら、一度相談ください!