坐骨神経痛

坐骨神経痛のイラスト

  • 長年の坐骨神経痛に悩まされている
  • ふともも、ふくらはぎの裏、足先が痺れることが多い
  • 脚全体が電気が流れたような痛みがある
  • 座っていても痛みと痺れが出る
  • 病院へ行ったがい痛みが解消しない

足が痺れてる!?おかしいなと思ったらすぐ受診!その我慢、辛さが長引く原因に!

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛坐骨神経痛とは、坐骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称を示します。

坐骨神経は、腰椎の根本から生えておりお尻を通って足へつながっている神経です。

その神経の走行に沿って痛みや痺れが出るのが特徴です。

問題は、何が原因でそのような状態になってしまうのか?を突き止めることが大切です。

【原因】

  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄
  • 病的要因
  • 精神的要素
  • 婦人科系の不調
  • 梨状筋症候群

このように原因は一つではありません。

場合によっては病院で精密検査を行う必要があり、しっかりと現状を把握しましょう。

しかし、病院で精密検査を行った結果、「経過観察」や「痛み止めだけ出ている状態」は痛みは解消しません。

どうしたらよいか?と悩んでいる方が非常に多いため、当接骨院ではそのような困っている方のために、出来る限りのアドバイスと施術を届けられたらと思っております。

【状態】

坐骨神経痛の出現の仕方には、座っている時に痛みが増し歩くと楽になることもあれば、その逆に歩くことで痛みが増すこともあります。
お尻からふくらはぎにかけて痛みが生じる場合もあります。
また、くしゃみや咳で腰から脚にかけて痛みが走ります。
神経痛なので苦痛は強く、日常生活に支障を来すことが多いのも特徴です。
苦痛から逃れるために痛み止めを日常的に使うようになることが多く、そのため一度痺れを覚えてしまうと解消するために時間がかかることも特徴的です。

【テスト】

下肢伸展挙上テストにより、仰向けの状態で足を真っす伸ばしたまま上にあげていくと、途中で痛みが走り足があがらなくなり垂直まで持っていくことができません。
これにより陽性となり、重度の場合は病院で精密検査を行い判断していきます。

【施術】

坐骨神経痛は原因が多岐にわたるため、いろいろな施術方法が選別されることになりますが、第一選択として保存的な施術が基本となります。

坐骨神経痛の施術

疲れない生き方していますか?坐骨神経痛 徹底分析!!当接骨院の施術を受けることで、なぜ痛みが解消するのか?

それは原因となる代表的な梨状筋と言う筋肉に直接アプローチをしていきます。
梨状筋が硬くなると下に走っている坐骨神経を圧迫し痛みや痺れが出てくるので、筋肉調整を行いピンポイントに施術を行います。

また、筋肉に負担が生まれる要因に骨盤の歪みがあります。
高崎ただき接骨院・整体院では、歪んでしまった骨盤を手技によって整え、筋肉だけでなく根本である骨格のバランスや動きを施術していきます。

状態が重い方には鍼施術を加えることで、坐骨神経を圧迫している部分の負担が軽減できます。

辛い坐骨神経痛の痛みを感じていた患者様がこのような当接骨院の施術を受け、体の軽さ楽さに驚かれ非常に喜ばれています。

「こんなに楽になるなら早く来ればよかった!」と喜びの声をいただけることも少なくありません。

坐骨神経痛はよくならないと考えている方も多数いらっしゃいますが、当接骨院では坐骨神経に負担のかからない身体作りを行い、根本回復へのお手伝いをさせていただいております。

お悩みの方は決して諦めず一度ご相談ください。

 

坐骨神経痛に対する鍼灸施術のページは→こちら!

坐骨神経痛の痛みが解消しない方へ

坐骨神経痛の整体イラスト当接骨院には、多くの坐骨神経痛の方がお越しになります。

「病院に通っていたけれどなかなか痛みが解消されない。」という声が非常に多く「よくならない」と諦めているケースが多数です。

坐骨神経痛は『病名』ではなく『訴え』であり、人体の中で最も太い末梢神経に痛みと痺れが出る状態です。

太い神経の痛みなだけあって訴えも強く、病院や整形外科ではブロック注射を選択されることもあります。
ブロック注射を行うことで痛みを抑え痛みの悪循環を断ち切れて症状が緩和される方もいます。
しかし、ブロック注射でも痛みが解消されない方は、筋肉や関節の硬さによりアンバランスになっていたりや動きの連動性が失われていて負担がかかり、神経の圧迫がなくならないことが解消しない大きな理由です。

ブロック注射で痛みが解消されない方は、すぐにご相談ください!