O脚矯正

O脚矯正を受けている方のイラスト

  • O脚が気にしている
  • 他人からO脚だと指摘された
  • O脚で腰痛がひどい
  • O脚を矯正したい
  • 以前よりO脚がひどくなった

O脚とは?

O脚(内反膝とも言われる)とは、両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶしをそろえても、左右の膝の内側が接しないものを言います。

原因

高崎市ただき接骨院の受付スタッフの写真O脚には、生理的要因と病的要因に大別できます。

生理的要因には一般的に、乳幼児の膝が代表例です。

乳幼児の膝は生理的にO脚を呈しており、歩行開始後から徐々に外反していき、2歳から6歳にかけては逆にX脚傾向になります。

その後、外反は少し減少して、7歳ぐらいで成人の下肢形態(約4°の外反)に近くなってきます。

また、生理的変化は左右対称であり、いたみや機能障害の訴えはありません。

成人になると生理的要因によるO脚は個人差があり、骨盤や骨格の歪みによる左右非対称のO脚でなければ基本的には問題はありません。

病的要因として、靭帯の異常(内・外側側副靭帯などの緩みや欠損など)、先天的・後天的な大腿骨・脛骨の形態異常(Blount病・くる病・骨系統疾患など)、外傷後の変形(骨端線損傷・骨幹部外傷など)などがあります。

ただき接骨院で対応できるO脚

O脚矯正をしているイラスト

  • 骨盤の歪みが原因で起こるO脚
  • 日常生活の悪い癖で起こるO脚
  • 出産の影響で起こるO脚
  • 姿勢やバランスの崩れから起こるO脚
  • 交通事故のいたみの影響で起こるO脚

※生理的要因・病的要因のO脚なのか、身体の歪みによるO脚なのかを見極め、アドバイスや施術を行っていきますので、お困りの方は一度ご相談ください。

O脚矯正をするとこんなにイイことが!

O脚が改善してうれしい様子のイラスト

  • 腰痛が出なくなった!
  • 足の疲れが出なくなった!
  • スタイルが変わった!
  • 気にしていたがに股がよくなった!
  • 足の長さが均等になった!

O脚矯正

仙腸関節のズレがO脚・X脚の原因になっています!

まずはO脚矯正の必要性があるか考える!

O脚矯正が必要な目安を表したイラスト

O脚矯正法!

O脚の原因である仙腸関節を表したイラスト高崎市にある、ただき接骨院では、独自のO脚矯正を行っています。

O脚の原因の一つに、骨盤の仙腸関節のズレが考えられます。

大腿骨は骨盤にはまっていて、骨盤の仙腸関節の動きや位置で大腿骨の角度が変わってきます。

大腿骨が開いてO脚になっているということは、仙腸関節がズレて、骨盤が開き歪んでいる状態が考えられます。

仙腸関節を中心に骨盤を矯正し、O脚の原因を整えましょう。

また、骨盤を調整してもまだ足の開きが強い方は、骨盤矯正と合わせてひもしばり健康法を行い調整していきます。

O脚矯正ひもしばり健康法の写真

O脚を放置しておくと・・・

  • 腰痛になりやすい
  • 股関節の負担が大きくなってしまう
  • 脚の怪我やいたみにつながる
  • バランスが悪くなり他の部位に負担がかかる
  • スタイルが悪く見える

こんな風になってします前に、今のうちに骨盤の歪みを改善していきましょう!

自宅でできるO脚矯正

O脚矯正はセルフでできます。

まず3本のひも(はちまきがベスト)と枕かクッションを用意します。

【手順】

  1. 膝の上を縛ります。
  2. 膝上を縛ったまま、膝抱え込み運動を100回行います。
  3. 膝抱え込み運動が終わったら、膝下と足首を縛ります。
  4. 3か所縛った状態で上向きになり、腰の下に枕かクッション入れます。
  5. この状態で5分間寝ます。
  6. 5分終わったら枕を外して1分寝ます。
  7. 1分終わったら、ひもをほどいて終了!

セルフO脚矯正のイラスト

膝抱え込み運動のイラスト